基礎化粧品の種類と役割

banner 私達人間の皮膚には防御機能が備わっていて、ホメオスタシスと呼ばれる自ら美しく健康になろうとする力があります。しかし紫外線や乾燥などの外部から受ける悪影響や、加齢やストレスやホルモンバランスなどの身体の内部からの乱れにより、お肌がダメージを受けてしまうことがあります。基礎化粧品の役割とは、身体の内外部のダメージによって、くるった防御機能を助けることにより、美しいお肌を維持して改善することとなります。
基礎化粧品は、メイクアップ化粧品のように劇的に肌に色をつけるようのものではありませんが、化粧品の土台となる重要なものと言えるでしょう。このようにお肌の防御機能をサポートするのが基礎化粧品ですが、基礎化粧品と一口で言ってもいろいろな種類があって、基礎化粧品は大きく分けると洗顔料、整肌料、保護料、賊活料、美白料に分けられます。
洗顔料とは洗顔クリームや石鹸など、お肌の汚れを落とす役割をする基礎化粧品です。整肌料とは化粧水や美容液など、お肌に水分を補い、潤いを与える基礎化粧品となります。これに対して保護料とは、お肌に油分を補給するもので、美容クリームや乳液などのことです。賊活料とはマッサージクリームやマッサージローションなど、皮膚の新陳代謝を活性化させるための基礎化粧品となり、美白料とは、ホワイトニングクリームやサンプロテクトミルクなど、紫外線からお肌を守ったり、シミやそばかすを防止して美白を保つために使用される基礎化粧品です。


注目コンテンツ

基礎化粧品を選ぶ時の注意点

記事をみる

基礎化粧品の目的

記事をみる

基礎化粧品の効果

記事をみる

Copyright(c) おすすめの基礎化粧品. All Rights Reserved.